2010年03月15日

大学に通う下宿生の十人に1人は親からの仕送りがゼロ!

大学に通う下宿生の十人に1人は親からの仕送りがゼロ!

過去を見ても類を見ないほどの就職氷河期にある現在ですが、大学生も、またその親も懐事情は大変厳しいようです。

全国大学生活協同組合連合会が毎年実施している「学生生活実態調査」によると、
大学に通う下宿生が、親から受けている仕送りは、平均で月額74,000円とのことです。
この仕送り額は、96年の調査結果がピークで、そのピークから比べると約3割も減っているそうです。

そして注目すべきは、調査以来初めて、仕送りがゼロと回答した学生が、10%を超えたことです。
大学に通う下宿生の十人に1人は、親から1円も仕送りを受けず頑張っていることになります。

現在、奨学金の貸与基準(親の年収・成績など)が緩和されており、大学生はその奨学金とアルバイトで、学費を賄っているようです。それを裏付けるように、受け取っている奨学金の額の平均も26,430円となっており、この額は過去最高になっています。

今の大学生は大学に入学してからも、大学を卒業した後も、大変厳しい時代であるようですね。
しかし、そういう厳しい時代を生き抜いてきた学生たちは、苦労をしている分、何かをやってくれそうな気もします。
そのような大きな苦労をしてきた若者が、これからの日本を変える力になることを信じています。

頑張れ!大学生!(その両親も)
ラベル:教育費 仕送り
posted by ieljt at 00:00| Comment(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

レンタカーを格安で借りる6つの方法


レンタカーを格安で借りる6つの方法


3月も中頃に差し掛かってきましたが、雪が積もるぐらい寒い毎日が続いています。
こんな寒いときは、5月のゴールデンウィークも近いことですし、温かい春を想像しながら、旅行する計画でも立ててみましょう。

遠方を旅行するときには、レンタカーを利用する方も多いと思いますが、レンタカーを安く借りる方法について、今回はお話したいと思います。


1.何よりもレンタカーを利用するシーズンがとても重要

レンタカーを安く借りるに当たって、一番重要なのは、レンタカーを利用する時期です。

特にレンタカーは、利用する人が多い時期と少ない時期のムラが相当にあり、土日祝日や行楽シーズン、ゴールデンウィークなどは、正規の料金でさえ予約が取ることができない場合が多々あります。
ですので、まず、レンタカーを利用する日をなるべくレンタカー会社の繁忙期から外すことです。土日祝日やゴールデンウィークなどから、レンタカーを利用する時期を外すことで、レンタカーを安く借りることができる可能性がグッと高まります。

もう一度繰り返しますが、みんなが休む土日祝日や、ゴールデンウイークからお休みを外すことです。

レンタカーを安く借りて、浮かせたレンタカー代で、いい宿に泊まったり、おいしいものを少しでも食べれるようにしたいものですよね。

そのために、今のうちから、休みの予定を会社や上司にネゴシエーションしておきましょう。
カレンダーの休みから外れたウィークデーに休みを取ることは難しい業種の人もいるかもしれませんが、これも旅行充実させるためと思って頑張ってください。


2.比較サイトで突然現れる格安プランを狙う

これが2つめのコツです。
あなたが頑張って、みんなが働いているウィークデーに休みをとった、
この努力が報われる時です。

レンタカーを安く借りるコツの2つめは、「比較サイトで突然現れる格安プランを狙う」です。

インターネットではレンタカーの料金比較のできるサイトがたくさんあります。
例えば、日本旅行が運営する「旅ぷらざ」いや、クーコムが運営する予約サイト「トクー!トラベル」などが有名です。


□ 日本旅行が運営する「旅ぷらざ」 http://www2.tabiplaza.net/
□ 「トクー!トラベル」http://www2.tocoo.jp/?file=rentcar/main&asp_id=0


これらのサイトでは、数十社のレンタカー会社のプランを比較することができます。
これは大きなメリットですが、それ以上に大きなメリットがあります。

それは、不定期に売り出される格安プランを狙うことができるということです。

レンタカー会社は、暇な時期に車を遊ばせないようにするために、不定期に格安プランを出したりします。
これらのサイトでは、そういった不定期な格安プランを調べることができます。

例えば、「トクー!トラベル」の仕組みはちょっと変わっています。
通常のレンタカー比較・予約サイトとは、検索から予約までが、一通りの流れの中で完了しますが、この「トクー!トラベル」は、そのような仕組みではありません。利用の申し込みをしてから、「トクー!トラベル」側で、在庫の確認をして、そのレンタカー会社に在庫があれば予約が成立する方式になっています。ですので、在庫の確認をした時に在庫がなければ、予約が成立しない、予約不成立になります。
なんて面倒な仕組みなんだと思いますが、
これは、逆に言うと、予約が成立した場合は、格安な値段で予約ができるということです。

もちろん、これらの格安プランが出るレンタカー会社が暇な時期というのは、土日祝日ではありません。
レンタカー会社が暇をしているウィークデーの方が多いはずです。
ここであなたの努力が報われる可能性がぐっと高まります。

その格安プランを狙うこれが2つめのレンタカーを安く借りるコツです。

しかし、注意が必要なのは、これは、祝祭日やゴールデンウィークなどのレンタカーを利用する人が多い期間は、あまり期待できないコツであるということです。
こういった比較サイトであっても、レンタカー会社の忙しくなる時期は、それほど割引率は高くありません。
もちろん、レンタカーを借りる人が多い、レンタカー屋にとって忙しい時期は、値下げをしなくても借りてくれる人も多いからです。

不定期の格安プランは、本当に不定期で突然出てくることもありますので、こまめにチェックすることをおすすめします。


これまでのお話は、自分の仕事の休みを土日祝日以外のウィークデーに取れる人のみのコツでした。
しかし、カレンダー通りにしか休みを取れない私には、レンタカーを安く借りるコツはないの?そんな方もいると思います。

そんなカレンダー通りにしか休めないあなたのためのコツを三つ目にお話しします。


3.旅行や交通機関のセットでレンタカーを借りる

意外と思いつかないのか、この3つめのコツです。

多くの人は、旅行を組み立てる場合、電車などの交通機関は交通機関で予約をし、レンタカーはレンタカー会社に予約をし、宿は旅行会社で予約をするという形のように、別々に予約を取っている場合も多いと思います。
しかし、電車などの交通機関等レンタカーを一緒に予約をする、もしくは宿泊する宿の予約と一緒に旅行会社でレンタカーの予約をする、こうやって交通機関や旅行会社とパックでレンタカーを予約することで、レンタカーを安く借りることもできます。

JR東日本では新幹線などとレンタカーを一緒にセットで予約することで、安くレンタカーを借りているプランを用意しています。
例えば、(2010年3月現在)、JR東日本とグループ会社の駅レンタカーとタイアップして、通常1日約6,000円の Sクラス(フィット・ヴィッツなど)を2000円で借りることができるキャンペーンをしています。
こういったキャンペーン以外にも「レール&レンタカーきっぷ」というものもあり、レンタカーは安くならないものの、レンタカーの同乗者全員の JR の切符が、運賃で20% off 、特急料金などで10% off 、グリーン料金で10% off などの割引を受けることができるプランも発売されています。

その他、旅行会社でも、車種の無料アップグレードや、ガソリン満タン返し不要などの優遇を行ってくれるようなプランも多くあります。

この3つめのコツの場合、土日祝日やゴールデンウィークのようなレンタカー会社が忙しい時期であっても、安くレンタカーを利用できる可能性があります。
しかし、みんなお休みをとっているような土日祝日の場合、レンタカーの在庫自体が、なくなる可能性もありますので、早めの予約は必須です。

さて、ウィークデーに休むこともできない。宿や交通機関とのセットで予約することも難しい。そういった場合は、レンタカーを安く借りる方法はないのでしょうか?

そういった場合に活用できるのが四つめのコツです。


4.レンタカー会社の各種の割引を利用する

レンタカー会社の各社は、会員制度をとっているところが多く、この会員になると、10%から20%の割引を受けることができます。
この割引は、繁忙期であっても関係がなく適用される場合が多く、大手のレンタカー会社ほど充実しています。

例えば、(2010年3月現在)トヨタレンタカー(http://rent.toyota.co.jp)の場合、トヨタファイナンスが発行する「TS CUBIC CARD」をもっている人は、5%から20%割引になる割引制度があります。この「TS CUBIC CARD」の場合、年会費はレギュラーカードの場合、初年度は無料、2年目以降1,312円となっており、ゴールドカードの場合は、初年度から10,500円となっています。
このゴールドカードを持っている場合、トヨタレンタカーでは20%の割引率を実施しています。
ゴールドカードの年会費はとても高いため、あまりおすすめではないですが、レギュラーカードの場合、年会費約1300円で、10%の割引はとてもお得かもしれません。
その他トヨタレンタカーでは、5%のインターネットクラス指定割引というものもあります。これは、インターネットで車名指定ではなくて、その車が属するクラスで指定した場合、5%の割引となるという割引です。
例えばトヨタレンタカーでは、ヴィッツはP1クラス、カローラはP3クラスというふうにクラスで料金設定をしています。
特に、乗りたいと思っている車にこだわりがない場合、ヴィッツという車名で指定するのではなく、P1クラスというクラスで指定するのです。
もちろん、この場合、ヴィッツが借りれる場合もありますが、パッソなどの同じクラスの他の車になるかもしれません。
この割引の場合、特に乗りたいと思っている車にこだわりがない場合おすすめです。


そのほかにも、トヨタレンタカーでは裏ワザ的な割引の方法があります。


5.トヨタレンタカーの場合、「JAFカード」による割引(10%)がおすすめ

それは、「JAFカード」による割引です。ニッポンレンタカーなどでもこの JAFカードによる割引(5%)は行っていますが、トヨタレンタカーの場合割引率が10%と、割引率が高いのが特徴です。
JAFカードは年会費4,000円の会費が必要ですが、たとえ自宅に車がなく、レンタカーしか利用しない人であっても、車を乗る以上を必須のカードであると思います。
レンタカーであっても、ライトのつけっ放しによるバッテリー上がりや、鍵の閉じ込めなどトラブルに見舞われるときがあります。そういったときに、この JAFカードをもっていると多くの場合無料で、ロードサービスを受けることができます。
もしも JAFカードがない場合は、その代金が10,000円を超えることも多々ありますので、私が持っていって一番助かった、よかったと思うのがこのJAFカードです。
提携している施設の割引もとても多く、その割引だけでも、年会費を賄っても余りあるほどです。

その他、ニッポンレンタカーでも「スーパーレッドメンバー」という無料の会員になると、乗用車の場合約5%offの会員割引を受けることができるようなサービスがあります。


最後に、最近新しく普及してきている激安レンタカーについても、お話しておきます。



6.新しく普及してきている激安レンタカーを借りる

最近、新しい形態のレンタカー会社が注目を集めています。レンタカーといえば、現行の新しい車をレンタカー会社で借りるというのが今までの常識でしたが、この新しい形態のレンタカー会社は違います。
借りるところは、ガソリンスタンドで、借りる車は、一昔前の中古車です。コストを削減し、レンタカーの値段にも反映しています。
通常の大手のレンタカー会社で、小型車を半日借りたとするとだいたい5000円〜6000円ぐらいかかりますが、この激安レンタカー会社では、だいたい2500円〜3000円の半額ぐらいの値段で借りることができます。

イツモレンタカー(http://www.itsumo-rent.com/index.html
ニコニコレンタカー(http://www.rentas.co.jp

車は少し古くても気にしない、時間も短いからとにかく乗ることができればよいそのような場合には活用を検討してみると良いかもしれません。
しかし一つだけ注意点があります。場所の問題です。
大手のレンタカー会社との違いは、車の新しさだけではありません。
大手のレンタカー会社では、駅前に必ずといっていいほど店舗がありますが、これらのレンタカー会社の場合、駅前にない場合もあります。それは、借りる場所がガソリンスタンドであるからです。こういったことから、レンタカーを借りる場所までの交通手段についても考慮しないといけません。
こういった問題がクリアになるならば、とても激安価格で、レンタカーを借りることができます。


これらのコツを使って、ぜひ、格安価格でレンタカーを借りて、旅行をエンジョイしてください。
くれぐれも安全運転で!

posted by ieljt at 00:00| Comment(0) | 消費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。