2011年03月31日

住宅ローンの支払いが苦しくなったときの対処方法

住宅ローンの支払いが苦しくなったときの対処方法



住宅ローンの支払いが苦しくなったときの対処方法について考えてみたい。


<<まずは、緊急でない場合(支払遅延などにすぐに至らない場合)>>

対策@ 住宅ローン金利を見直す(低い住宅ローン金利の銀行で住宅ローンを借り換える)

この住宅ローン金利の見直しは、借りている住宅ローンの金利と現在の実勢金利との間に大きな開きがある場合は有効であり、住宅ローンの支払い負担の軽減につながる。
逆に少しの開きしかない場合は、借り換えの手数料を考慮すると特にならない可能性がある。

対策A 家計を根本的に見直す。

本人が家計の見直しを行う場合、どうしても自分に甘くなってしまうことも考えられる。そのため、見直しが進まない場合は、ファイナンシャルプランナーなど外部の人間に見てもらうなどの対策も必要であろう。


<<次に緊急を要する場合(支払遅延などにすぐに至りそうな場合)>>

対策@ 住宅ローンを借りている銀行などの金融機関へ相談へ行き、住宅ローンの返済期間の延長や住宅ローンの一定期間における返済額の軽減を相談する

中小企業金融円滑化法によって住宅ローンの返済支援制度があることをご存知だろうか?

現在、平成23年3月までの時限措置ではあるが中小企業金融円滑化法による住宅ローン返済支援制度により、銀行は住宅ローンの返済相談を住宅ローン返済者から受けた場合、応じるように努めることと法律で定められている。
なので、今までは応じてもらえる可能性が低かった住宅ローンの返済期間の延長なども、この法律が適用される平成23年3月までの間であれば、ある程度応じてもらいやすくなっている。

支払遅延などにすぐに至りそうな場合は特にであるが・・・この住宅ローンの返済支援制度を利用して、住宅ローンを借りている金融機関へすぐに相談へ行くべきである。そして、住宅ローンの返済期間の延長や住宅ローンの一定期間における返済額の軽減を相談するのがよいだろう。

住宅ローンの支払いが苦しくなったとき、特に、支払遅延まで至ることが考えられる場合において、一番避けることは、支払い遅延により信用情報へのブラックリスト入りしてしまうことである。一度ブラックリスト入りしてしまうと、クレジットカードも何もお金を借りるものは一切使えなくなってしまう可能性が高い。

そのため、支払遅延を起こさないように、すぐにでも住宅ローンを借りている銀行に相談に行くべきである。

しかし、注意点もある。住宅ローンの返済期間の延長や、一定期間における返済額を軽減を受け入れてもらえたとしても、支払いを先延ばしにするに過ぎないことを考えておきたい。つまり、先延ばしにした分だけ金利をしっかり銀行に取られるため、支払総額がふえることとなる。その点を特に注意して銀行へ相談に行ったほうがよいだろう。
ラベル:住宅ローン
posted by ieljt at 23:15| Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。