2011年06月08日

中古車を"お得に""安く"買う12の方法(9)

中古車を"お得に""安く"買う12の方法(9)


9.走行距離で5万キロを超えた中古車の狙う

通常、中古車市場の中で人気のあるのは、走行距離で3万キロ未満の車体、または、5000キロ未満の「低走行車」と呼ばれるものだ。
しかし、人気があるというだけでお得な中古車で無い場合も多い。

低走行であればある程、新車時の価格とくらべて下落率がそんなに高くないからだ。

しかし、中古車価格は通常を5万キロを超えると一気に値段が下がる。
走行距離で4万キロと5万キロは、しっかりとしたメンテナンスを行っていた場合、それほど大きな状態変化はないはずであるが、購入者の気分的に人気が落ちるからだろう。

割安な中古車を購入したい人にとってこれは利用すべき特徴だ。
ワンオーナーなどで点検整備がしっかりとした車両であれば、5万キロであろうが、心配することはないないだろう。

同様のことが10万キロ走行車についてもいえる。
前オーナーの点検整備記録などがしっかりと整備されている車体であれば、心配ないだろう。

(つづく)
タグ:中古車
posted by ieljt at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/207404261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。